引越し業者 割引サービス

引越し業者の割引サービスを上手に利用して、単身引越しを安くする!

引越し業者にはそれぞれ割引ービスがあり、上手く利用すれば、引っ越し料金を安くすることも可能です。

自分が利用できそうな割引サービスを確認してみましょう。

特にダンボール無料サービスは、料金だけでなく、自力で集める手間や時間も省けてかなりお得です。

ダンボール無料サービス

ダンボールを無料提供してくれる業者、有料販売の業者をまとめてみました。

段ボールはスーパーやドラッグストアでももらえます

<無料提供サービスがある業者>

  • アリさんマークの引越社(最大50枚)
  • アーク引っ越しセンター(最大50枚)
  • サカイ引越センター(最大50枚)
  • ダック引越センター(最大50枚)
  • アート引っ越しセンター(最大50枚)

注)引越しパックの種類や荷物量によって無料ダンボール枚数は変わります。

<有料販売サービスがある業者>

  • クロネコヤマト(単身用資材パック3200円税別)
  • 日通(単身資材セット 3024円税込)

注)日通はオリジナル梱包えころじこんぽを無料で使用できるが、不足分は自分でダンボールを用意。

ダンボールを無料提供する、とWEBに明記していない業者でも確認するとサービスしてくれることもあるようです。また新品ではなく、中古ダンボールでよければ(中古、といっても衣類等を入れた程度で、再利用に問題がないもの)もらえたりする場合もあるようです。見積りの際に確認するとよいでしょう。

単身引越しで必要なダンボール数は?

平日割引・インターネット割引など

引越し業者の割引サービス

<クロネコヤマト>

  • WEB割引 - サイトからの申込みで2160円の値引き

  • 平日割引 - 搬出・搬入両日が平日の場合2160円の値引き

  • 早期申込割引 - 搬出日が14日以上先の場合1080円の値引き

  • 複数BOX割引 - 2M3BOX・2本以上の場合1BOXあたり1080円の値引き

 

<日通>

  • インターネット割引 - インターネットからの申込で2160円オフ
  • 複数基割引 - 2BOX以上の利用で1BOXにつき1080円オフ

<アート引越センター>

  • インターネットからの見積りで特別割引
  • 引越待ち割キャンペーン - 引越日を任せると(希望日と前後2日間)規定価格の50%オフ
  • フリー便 - 午前中引越作業終了後の便なら指定便より割安(作業開始時間が予約できないため割引)

<アーク引越センター>

  • 平日割引 - 10〜30%割引

<サカイ引越センター>

  • 特別指定日の割引 - サカイの指定日で引越すれば、割引料金適用

<ダック引越センター>

  • 特別指定日の割引 - ダックの指定日で引っ越しすれば割引料金適用

引っ越し予定日を平日にできるならかなりお得なサービスです。

様々なサービスを上手に使えば料金は更に格安になります。

業者を決めて後でも、何か使えるサービスが無いか、確認してみましょう。

単身引越しを安くする5か条

単身引越しを安くする詳細情報

荷物を処分して引越し料金を安くするへ荷物を処分して引越し料金を安くする

トップページへトップページ

関連ページ

荷物を処分して引越し料金を安くする
引っ越しの料金は荷物の量に大きく左右されます。不用品をお得に処分できる一石二鳥のサービスもありますので、格安に引っ越したなら、まずは荷物を減らしましょう。
引越し料金が安い曜日や時間帯
一番安い時期に引っ越したいと誰もが思いますが、実際は転勤や新居の完成するタイミング等、自分で引越しの時期を決められない場合が殆どです。そんな場合はせめて、引越し料金の安くなる曜日や時間帯を検討してみてはいかがでしょうか。
単身引越しを格安にする相見積もり
様々な引越し業者の価格設定やサービスの特徴を知り、比較することで、あなたの予算や条件に合った単身引越しの格安業者が見つかります。
早めの見積もり&予約で引越しを安くする
引っ越しが決まったら、なるべく早く行動することも単身引越しを安くするポイントのひとつです。早期予約で料金が割引になることもありますが、それ以外にも引越し業者に早めに見積もりを依頼するメリットがあるんです。
積み切りプランで引越し料金を節約できる?
引越し料金を節約したい場合は、積み切りプランも検討してみまてはいかがでしょう。このページでは、格安な積み切りプランのメリットやデメリットのほか、このプランに最適な引越しの条件についてご紹介します。